家族葬 お役立ちブログ|新座市民 家族葬センター

葬儀・お葬式 お役立ちブログ

ホーム > 葬儀・お葬式 お役立ちブログ > 家族葬の全体的な流れ

17.11.17家族葬の全体的な流れ

今回は家族葬に関する全体的な流れをご紹介します。
新座市で家族葬を行う場合も例外ではありませんので、全体的な流れを把握しておきましょう。


《家族葬の全体的な流れ》

1.ご逝去・ご搬送
病院でお亡くなりになった場合は、医師の指示に従ってください。
お亡くなりになったのが自宅の場合には、かかりつけの医師に連絡して死亡診断書を書いてもらいます。
その後、事前に決めておいた葬儀社、もしくは病院側が紹介してくれた葬儀社へ連絡します。
寝台車が手配されたらご遺体を安置しますが、
ご近所に知られたくない場合はその旨を葬儀社に伝えて、別の安置施設を手配してもらいましょう。

2.家族葬の内容を打ち合わせ・参列者へ連絡
葬儀社と参列者の数、僧侶の手配、会場・火葬場の空き状況などを照らし合わせて
葬儀の打ち合わせや日程を調整します。
生前より家族葬をお考えであれば、お呼びする参列者を事前にリストアップしておくと連絡に迷うことはありません。

3.お通夜
家族葬では、親族や親しい方のみの参列となるので、一般的な葬儀よりも故人との時間をゆっくりと過ごすことができます。

4.告別式
故人との最後のお別れとなります。
生前愛用していたものやメッセージカード、お花などを棺にいれて、火葬場へと出棺します。
火葬が終わったあとは、骨上げを行います。

5.逝去・葬儀終了のご連絡
体調や心が落ち着き次第で良いので、葬儀に参列できなかった方、またご逝去されたことを知らない方へと連絡をします。

以上が全体的な家族葬の流れとなります。
家族葬は参列者が限られているため、ご遺族にとっても負担の少ない葬儀形式として注目されています。

新座市で家族葬をご検討されている方は気軽にご相談ください。