家族葬 お役立ちブログ|新座市民 家族葬センター

葬儀・お葬式 お役立ちブログ

ホーム > 葬儀・お葬式 お役立ちブログ > 家族葬を行う際に必ず守らないといけない4つのポイント

17.11.27家族葬を行う際に必ず守らないといけない4つのポイント

家族、親族、または親しい人と執り行う葬儀形式の「家族葬」。
その「家族葬」を行う際、葬儀でのマナーだけでなく、「必ず守らないといけない4つのポイント」が存在します。

今回は、万が一、家族や身近な人が亡くなったときに覚えておくと安心な、「必ず守らないといけない4つのポイント」について解説します。
新座市で家族葬を行う際も例外ではありませんので、是非覚えておいてください。


1.死亡診断書
人がお亡くなりになり、そして葬儀・埋葬する一連の流れで必ず必要になるのが、この「死亡診断書」です。
お亡くなりになられたのがご自宅の場合には、すぐにかかりつけの医師に連絡しましょう。
もし病院でお亡くなりになられた場合は、医師に死亡確認を行ってもらい「死亡診断書」を作成してもらいます。

2.死亡届
日本では家族の死亡を知った日から7日以内(海外居住であれば14日以内)に「死亡届」を本籍・または居住地の役所に提出しなければなりません。
この際、医師に作成してもらった「死亡診断書」が必要となります。

3.火葬許可証の発行
葬儀終了後に行う火葬ですが、火葬を行うには「死亡届」を受理した市区町村長が発行する「火葬許可書」が必要となります。
ちなみに死亡確認後、24時間が経過しないと火葬は行なえません。

4.埋葬許可書
火葬終了後に「火葬許可書」に印を押されたものが「埋葬許可書」となります。この「埋葬許可書」は納骨の際に必要です。


葬儀をスムーズにとり行うためにも、死亡に関する手続きはなるべく早めに済ませておきましょう。

人の死には、様々な手続きも関わってくることになります。
いざ、ご家族の方がお亡くなりになられたときには、当たり前ですが、精神的な余裕はなくなります。
そのような状況でも焦ってしまわないためにも、「必ず守らないといけない4つのポイント」を把握しておけば、いざというときも安心ですね。

新座市で家族葬をお考えの方は、お気軽にご相談ください。